トップページ » 学会 ( JSRP ) について

日本生殖心理学会 ( JSRP: Japan Society for Reproductive Psychology ) について

日本の生殖医療は近年著しい発展をとげ、不妊に悩むカップルにとって、その医療技術の進歩とともに多大な貢献をもたらしてきたものと思われます。しかしながら、一方では「心のケア」の問題は未だ十分な方向性を得ている訳ではありません。この現状を打開することを目的として、医師、心理士、または、生殖医療従事者からなる「日本生殖医療心理カウンセリング研究会 ( JAPCRM: The Japan Association of Psychological Counseling for Reproductive Medicine ) 」が平成15年9月に発足致し、平成27年2月15日に「日本生殖心理学会 ( JSRP: Japan Society for Reproductive Psychology ) 」へと名称を改めました。
日本生殖心理学会は生殖医療の実施に際して、心理的ケアを行うカウンセリングについての学術的研究の向上と、会員相互の知識の交流を図り、もって生殖医療の発展に寄与することを目的とします。

事業内容

  1. 学術集会の開催
  2. 各種の学術的調査および研究
  3. 関連学術団体との連絡および提携
  4. 会誌の発行
  5. 生殖医療心理カウンセリング技術に対する教育研修、及び専門カウンセラーの養成と認定
  6. その他

会員

  1. 本会の目的に賛同する医師、心理士または生殖医療従事者
  2. 理事会が承認する者

役員構成

  1. 顧問      若干名
  2. 名誉理事長   1名
  3. 理事長     1名
  4. 副理事長    若干名
  5. 理事      30名以内
  6. 監事      2名
  7. 評議員     20名以内
  8. 幹事      若干名

設立年

平成15年9月、日本生殖医療心理カウンセリング研究会設立
平成17年8月1日、日本生殖医療心理カウンセリング学会へ改称
平成27年2月15日、日本生殖心理学会へ改称

事務局

日本生殖心理学会 事務局
〒226-0003 横浜市緑区鴨居 6-19-20
株式会社 ヒューマンリプロ・K 内
TEL: 045-620-7560 / FAX : 045-620-7563
E-mail:info@jsrp.org

ページの先頭へ戻る